証券比較TOP > 野村證券

総合6位 野村證券

photo レーダーチャート

合計21

公式サイト

創業90年以上の安心と信頼の大手総合証券会社です

野村証券が人気な理由には、日本で一番選ばれている証券会社として、認知度も高く安心できるということがあげられます。大正14年創業で90年以上の歴史と実績を兼ね備えた証券会社です。口座数は538万口座、預かり資金は108兆円以上と非常に大きなシェアを持ち、テレビCMや広告でも大々的に宣伝されているのでご存知の方も多いはずです。SBI証券などのネット証券と比較をすると、手数料は割高になりますので、どのようなスタイルで投資をしたいかを自分でしっかりと決めておく必要があります。個人的に投資をするというよりは、まとまった資金の運用を任せるというスタイルを希望されている方には良いかもしれません。野村証券は日本株式の引受実績ランキングが1位(2013年)と商品ラインアップが充実しています。圧倒的な取り扱数のIPO銘柄や野村証券でしか取り扱いをしていない商品もあります。またこれまでの実績を兼ね備えた投資情報やリサーチ力をフルに活用した分析レポートを受けることができますので、効率の良い投資をおこなうことが可能になります。

約定10万約定20万約定30万約定50万約定100万約定300万
手数料(ワンショット)150円324円324円515円1,029円3,086円
手数料(1日定額)2,571円2,571円2,571円2,571円2,571円2,571円
取扱い商品
キャンペーンIPO(新規公開株)、ミニ株、取引FX(外国為替証拠金取引)、日経225、オプション取引、CX(商品先物取引)、米国株、中国株
取引方法
逆指値、反対売買、引け指値、不出来引、日計り
その他
NISA(ニーサ)、iPhone(アプリ)、Android(アプリ)、iPhone(web)、Android(web)

この会社の特徴やセールスポイント

野村証券は総合証券会社の中でも、非常に名の知られた有名証券会社です。「総合証券会社」は「ネット証券会社」とは違い、営業マンと1対1で資産運用の話が相談できますので、パソコン操作やインターネットを使った取引に不安をお持ちの方には良いかもしれません。

しかし、その分人件費が嵩みますので、ネット証券に比べて総合商社の方が手数料が高くなります。手数料をなるべく少なく抑えたいを考えられている方にはあまり向いていないかもしれません。

また有名な個人投資家のブログやツイッターの方が、証券会社の営業マンよりも良いという声もあり、総合証券会社とネット証券会社については個人の好みや運用方法により変わりますので、自分自身のスタイルをしっかりと決めてから口座開設をおこなうのが良いでしょう。実際に運用を始めますと、野村証券の金融機関の口座情報を一括管理できる資産管理画面を利用することができ、非常にわかりやすく便利です。

また対面できるということを活かし、お客様一人一人に合ったコンサルティングサービスを提供しており、ライフプランニングや相続・贈与、資産運用についての提案を受けることができます。対面の方が安心な方や、なるべく資産運用を任せたいという方にニーズの高い証券会社です。

この会社の口コミ

Eさん・60代・男性
自分には投資の知識がないので、プロに任せて運用をしてもらっています。
Bさん・30代・女性
今は時間がなくて自分で取引ができないので野村で運用をしています。将来は自分でやってみたいです。
Aさん・50代・男性
手数料が割高なのをのぞくと、投資情報も多く大手ので安心感かあります。
公式サイト