証券比較TOP > FXコラム一覧 > FXとは

FXとは

photo

ニュース番組で、「今日の外国為替相場は1ドル100何円で推移しています。」と言うアナウンサーの読み上げは毎日耳にしているのではないでしょうか。この外国為替相場の値動きを予測して売り買いをし、利益を得ようとする行為をFX取引と言います。FX取引は円が上がるか下がるかを予想する2者択一で単純明快な取引です。

FXは英語の頭文字を取った用語で、外国の通貨を両替することを意味します。専門的に言うと外国為替取引です。現在、本邦では400万人ほどの投資家が居るほど人気の高い投資です。

海外旅行によく行く人は、FXについて理解しやすいと思います。出国前に円を外国の通貨であるドルやユーロ等に両替し、帰国後海外の通貨を円に戻します。この時、旅行前後の為替相場に変化があると、両替で損をする事や、逆に得をする事もあります。両替には円から外国通貨にする場合も、その逆も手数料がかかり、またその手数料も異なる場合があるので、銀行等で情報を調べることも大切です。

FXにはレバレッジという仕組みがあり、証拠金という投資資金の最大25倍(日本国内の場合)の取引が可能です。手元に1万円あれば25万円分の取引ができます。1ドルが100円の時に、銀行で1万ドルを外貨預金する場合、100万円の資金が必要になりますが(手数料を考えない場合)、FXだと4万円で1万ドルの取引ができます。自分の資金以上の取引をすることで、大きな利益を出す事も可能な取引です。

携帯やパソコンからネットでオンライン取引すると千分の1秒で約定する取引もあります。FX取引にも手数料は必要ですが、銀行の手数料と比較にならない程の安さです。

またFXにはスワップ金利と言うものがあり、売買する通貨の年間金利の差額分が日割り計算され利息として得ることが出来ます。為替の値動きの差益に加え、この金利収入も狙えることがFXの魅力です。スワップ金利は対通貨ごとに差があり、場合によってはマイナスの金利になる場合もあるので注意が必要です。

実際、取引を始める際に口座を開設しますが、専門家が薦める方法は、例えば10社程の複数の口座を持ち、それらの中で使いやすい主たる取引をするFX会社を2,3社選定し利用する事だと言います。これには理由があって、FXは情報がとても重要なので、幾つかのFX会社に口座があると、そこから様々な情報を得ることが出来、更にどの会社の取引ツールが使いやすいか試す事が出来るからです。

FX会社には種類別にFX専業会社や証券会社、外資系FX会社やネット銀行があり、各々の会社で特徴があるので比較して自分にふさわしい会社を選定する事が重要になります。