証券比較TOP > 投資信託コラム一覧 > 投資信託とは

投資信託とは

photo

ネット証券などで、実際に口座を開いて株の取引をしてみると、株式会社の株の売買だけでなく、社債の購入など多彩な取引が出来る事が分かります。

ところが、私たち一般の個人投資家は、多彩な種類で多くの企業の証券を、いかに投資していったら良いのか迷ってしまいます。専門家に近い知識を持つ人の中には、実際にそういった多くの情報をやりくりして、どんどん資産を膨らましている方も居ると聞くと、いっその事彼らに資産を預けて、増やしてもらいたいという気持ちになります。
その願いを叶えてくれるサービスを、投資信託といいます。

投資信託とは多くの投資家から少額ずつ資金を集め、信託銀行に預けます。そしてその大きくなった資本を運用会社が信託銀行に指示を出す事で、運用して増やしていきます。例えば私が最初に10,000円の投資信託を依頼したとします。するとそれは、10,000口として数えられます。みんなから集めた投資信託のお金を運用した結果、1.5倍に増えたとします。するとその10,000口は15,000円の価値に変わります。

これらは毎年、分配金という形で一旦我々に払い戻され、また元の価値に戻ります。
投資信託は、専門家に依頼する事で、資産を増せる可能性があります。また、信託銀行が間に入る事で集められた資産自体が胡散霧消してしまう心配もありません。時には資産運用の結果10,000口が8,000円の価値になってしまう場合もありますので、リスクの部分も含め考える必要があります。ただ、透明性も高く、監査法人による監査が義務付けられているので安心な一面もあります。

投資信託の種類には単位型というファンドの立ち上げ当初にしか加入出来ないものと、追加型と言っていつでもファンドに加入出来るものがあります。また、投資対象も株式、債券、不動産やその他資産、さらにそれらを混ぜ合わせたものと言うように様々です。

購入の前にはどういった商品であるかという事をしっかりと私たちが把握する義務があるのも注意点です。しっかり目論見書と言うものを読まずに購入し場合、何らかの損を出してしまっても、こちらに過失がある事になりますので、しっかりと目を通すことが重要になります。

ネット証券の中には、こう言った投資信託の商品の種類が豊富にある所も多く、一部の証券会社のみ取り扱っている商品もあります。また手数料が安いと言うのも、投資家にとってはメリットで、ネット証券の強みです。人件費や家賃などが掛からない分、我々にこう言った場面で還元しているのです。