証券比較TOP > 投資信託コラム一覧 > 分配金

分配金

photo

投資信託を始めるにあたって分配金の有無、これは非常に重要な事では無いでしょうか。ファンドには分配金があるサービスとそうで無いサービスがあります。ファンドや証券の事をしっかり理解していない方は「分配金があるものが良いに決まっている!」と仰せられますが、それは本当でしょうか。ネット証券の世界ではこの分配金に関してはいくつかのポイントがあると言われているのですが、その前にまず仕組みについて説明していきたいと思います。

投資をしている中でその資産から利子や配当と言った利益が生じます。それを分配する事になるのですが、なぜ支払われないサービスが存在するのでしょうか。支払われないと言う言い方はやや語弊があり、正式には利益を再投資する事にまわすので自身の利益が減る事はありません。また再投資の際の分配金が小額であればある程福利効果が大きくなるので、それもメリットの一つだと言えるでしょう。

反対にデメリットは何でしょうか。証券口座や証券会社に自身で解約を申し出ない限りは投資成果を受ける事が出来ない点だといえますので、分配金無しでの投資信託を行う場合は長期的な運用を考えている場合が良いとされています。

また、分配金のあるサービスに関しては、決まった期間に毎回の投資成果を受ける事があるので、資産運用をするに当たって現状どのくらい持っているのかしっかりと把握する事が出来ます。デメリットとしては複利効果を受ける事が出来ない、決まった期間に分配金を受け取っているので再投資の効果を使っての資産運用が難しいと言う事です。

どちらも一長一短、そして運用方法によって効果が違うので自分が思い描いているビジョンを明確にした上で決める事が一番です。先程も申した様に単に分配金があるから良いネット証券会社と言う訳ではありませんのでその点については常に頭の片隅に置いておく必要があります。

そして、投資信託を始める際には一つの物事で決めるのではなく、分配金の有無や利回りと言ったトータルで見る事が必要になります。更に、その利率に関しても事前に細かに確認する必要がありますし証券を始めるのならその点について突き詰めた上で始めて頂ければと思います。

証券会社によっては分配金カレンダーや利回り一覧表を掲載している企業もあるので、まずは確認するのが良いと言えます。これらの事項を確認する事で投資対象やリスクを深く理解出来ますので、これからの資産運用に役立つ事でしょう。