証券比較TOP > 投資信託コラム一覧 > 投資信託の税金

投資信託の税金

photo

これから投資信託を始める方が気になる点の一つとして、税金があります。税金と聞くと面倒な手続きを踏まなければいけない、出来れば小額で抑えて節税したいと言うイメージがあります。ファンドにも当然、税制があり それに則った上で支払いをしなければなりません。

ファンドの税に関しては基本的に株と変わりはありませんし、特定の証券口座の種類によっては確定申告不要、税率20%、損益通算をする事が出来ると言うものもあります。2016年1月からは税制が変更となり、現状は株式投資信託も公社債投資信託も同じく源泉徴収の有無によって確定申告、税金を納める必要があるかをある程度判断する事が出来ます。

例えば会社勤めの方で、投資信託の利益が20万円以下の場合は源泉徴収無し と選択すれば税金を支払う必要はありません。ここで20万円以上の利益がある場合は確定申告の必要性はありませんが、その利益の20%を税金として収める必要があります。

ここで大切なのが投資額であったり、投資信託を購入しただけの金額ではなくあくまでも純粋な利益の数字になります。例えば売った際に損失が出ているなら収める必要は無いのです。

このように考えると、税金は面倒だというイメージも少しは払拭出来たのではないでしょうか。ちなみに税金と言うのは分配金にもかかりますし、その分配金の種類によっても税金の有無が異なります。

一般的な普通分配金は、ファンドの利益から払い出される分になるので当然税金がかかります。しかし特別分配金と言って、元本を取り崩して払い出されるものに関しては税金を納める必要は無いのです。

少しややこしいと思うかも知れませんが、分配金のある証券を購入している場合は、その種類がどの様になっているのか証券会社へ確認をする必要があるでしょう。

現在はこの様な法律になっていますが、2016年1月以前はどの様なものだったのでしょうか。ざっくりと説明すると株式投資信託に関しては現在の税制と同じでしたが、公社債投資信託に関してはこの様な優遇措置が無く損益通算や損失の繰り越しを行う事が出来ませんでした。

そういった事から当時は株式投資信託の方が煩わしい税制や、税金を納める必要が無いと人気を呼んでいました。しかし税制が変わってからはどちらの投資信託に関しても賑わいを見せています。ネット証券会社や、証券口座の開設方法を掲載している企業などもその変更点について掲載している企業もありますので、今一度確認して頂ければと思います。