証券比較TOP > 投資信託コラム一覧 > 投資信託のリスク

投資信託のリスク

photo

小額からの投資ができる証券として人気を集めている投資信託ですが、全くリスクがないわけではありません。本来、投資というものはリスクを承知の上で行う必要がありますがネット証券を始めたばかりの方や、証券会社からの説明をしっかりと受けていない方からすると「安全だと聞いていた!」となりかねません。

では、どのようなリスクが考えられるのでしょうか。証券口座を開設し、投資信託の取引をする際の一番のリスクは何といっても損失が大きくなることです。投資信託には元本の保証はありません。投資信託は値動きのある株式や債券などに投資するものなので基準価額は株式市場の動きにより変動するためです。

では、そのリスクの種類についておおまかではありますが紹介していくこととしましょう。

まず価格変動リスクといって、投資信託が組み入れられている株式や債券の価格が変動することによるリスクです。株価は最終的に市場における需給と供給によって決まることとなりますが、一般的には国内および海外の政治や経済情勢、企業の業績等の影響を受けるといわれています。

次に、為替変動リスクといって為替レートが変動した際に考えられるリスクです。円安なら基準価格にプラス、円高になればマイナスの影響があるといわれており、毎日の様に微々たることながら変動がありネット証券会社でもチャートとして表示されていることが多いのです。

また、信用リスク(デフォルトリスク)というのもあります。為替変動リスクのように数多くあるわけではないですが、場合によってはかなりの損失を招いてしまいます。概要としては債券等を発行する企業や国が、経営不振や資金繰りができないなどの理由によりあらかじめ定められていた利息や償還に必要なお金を、支払うことができなくなるというリスクです。

そして最後に紹介するのが、金利変動リスクというもので、金利が変動することによるリスクを指します。金利が上昇すると債券の価格は下がりますが、金利が下落すると債券価格は上がっていきます。また、債券の価格の変動幅は、償還までの期間が長いほど大きく、短いほど小さいため、償還までの期間が長い債券を多く組み込んでいる投資信託ほど、影響を大きく受けることが多いといえるでしょう。

これらのリスクを踏まえた上で、投資信託に挑まなければ資産運用どころか損失を招く可能性が非常に高くなります。これらを完全に回避することは厳しいのですが、資産・時間を分散し、市場を長期的な目で見ることで安定した資産運用をすることができるようになるでしょう。