証券比較TOP > 投資信託コラム一覧 > 積立投資

積立投資

photo

初心者が投資信託を始めようとした時におすすめなのが、積立投資です。この投資方法は初心者向けで、コツコツと何かをやり遂げることが得意な日本人に向いていると言われている手法です。

たとえば10万円の投資を考えている場合、一括で投資をするのではなく回数を分けて分割での投資を行います。仮に一時的に証券の価格が下落した場合に一括での投資であった場合、その投資額が下がった時点で終わりで更に追加で購入するなら別に資金が必要です。分散する積立投資であれば次の投資の際の費用を買いにまわすことができます。それで証券を増やすことが可能ですのでリスクを回避することができますし、精神衛生上もいいといわれています。

またこの手法のメリットは、毎月自動的に投資するシステムにとなっているため、小額から始めることができるという点です。数年前までは一口数万円でしたが、今では数千円程度から始めることができます。ネット証券会社からも初心者向けの投資方法だと言われていますし、小額から始めることができるため、「投資信託は多額の費用がかかる。」というイメージをいい意味でこわしてくれるサービスでもあります。大手の証券会社であれば大抵取り扱っているため、資産運用に興味がある方が始めやすくなっているのも特徴といえます。

近年、災害や事件などで信用リスク(デフォルトリスク)が発生し、さまざまな資産が大暴落している状況です。そんな時に証券を購入するのは最大のチャンスですが、実際にそういった状況になった際は市場や投資家達が悲観的になりますので、かなり買いにくい状況となってしまいます。ここであえて売らずに買い続けるのは、熟練の投資家でも難しいといわれています。しかし、積立投資は証券の価格が下がった際には自動的に買いにまわることができます。自動でできるものなので心情や雰囲気は関係なく積立をすることができるので、リスクをチャンスに導くことができる投資方法でもあるのです。

最大のメリットが小額であることだといわれているサービスですが、このように自動的に積立を続けられることが最大の強みではないでしょうか。さらに小額での積立ができるということは資産を分散し、さまざまな銘柄の証券を購入することができるということです。投資家は「最もよいタイミングで証券を売買したい。」と常に考えていると思いますが、積立投資なら毎月決まった日にちに購入をするため、取引のタイミングに悩む必要もありません。