証券比較TOP > 投資信託コラム一覧 > ETFと投資信託

ETFと投資信託

photo

ETFと言う言葉を聞いた事がありますか?「ExchageTradedFund」の略語であり日本語では上場投資信託とも呼ばれています。これは投資信託の一種でありながら投資信託に無い部分を持っている、所謂株とファンドを組み合わせた新しい投資の形だとも言われています。

その仕組みですがファンドを購入する際には一般的に証券会社、そして銀行でも購入する事ができますがETFに関しては証券会社のみです。最低投資金額に関してはファンドが数千円~1万円前後ですが、ETFは取引価格と取引単位を掛け合わせた金額になります。おおよそですがその単位は1万円前後のものが多いと言われています。

これまで投資信託では信用取引を行う事が不可でしたが、このサービスに関しては可能です。更に手数料に関してもネット証券会社、証券会社によって異なるのも大きな違いだと言えます。

そしてETFの一番の特徴として売買金額の決定方法が挙げられます。これまでは1日に1度、標準価格が決まりそれに合わせて売買をしていたのですが、ETFに関しては市場が取引稼動している際は常に変動します。その為、初心者の方や取引に自信を持っていない方には変動を見る度に一喜一憂してしまう為、やや上級者向けの取引方法だと言えるかも知れません。

しかし、これがETFの醍醐味とも言える部分で株と同じ様に指値、成行注文が出来るという事なのです。この点に関しては投資信託よりもかなり売買に対する自由度が高く素早い取引を行う事が可能です。また、このサービスは運用管理費用が低価格のため、それがネックになっていて投資信託をしていない方への入り口にもなっています。

この様に株と投資信託の両方の面を備えたETFですが、デメリットについても説明していきたいと思います。運用管理費用に関しては低価格だと申したのですが最低購入単位と言うものが存在するので、実際に購入するとなると最低でも1万円前後の費用は覚悟する必要があります。なので小額投資には向いていませんし、市場が稼動している際は常に変動を繰り返しているので自分の取引に自信が無い場合や気になって仕方が無いとの事で取引証券に張り付いてしまう事も考えられます。

自由度が高いサービスではありますが、全くデメリットが無いとは言い切れません。しかしそのデメリットを抑えた上で取引をしていく事で、株と投資信託両方の良い部分を利用しながらの取引を行う事が出来るのです。ちなみにETFの分配金に関しては課税対象となります。