証券比較TOP > ミニ株コラム一覧 > 少額投資(株式ミニ投資・単元未満株取引)のメリット・デメリット

少額投資(株式ミニ投資・単元未満株取引)のメリット・デメリット

photo

株式投資をするためには多額の資金が必要というイメージを思い浮かべると思います。通常の株式投資において、株式を購入しようと思ったら一定の株式数(100株または1000株)の購入が必要となります。この売買に必要な一定の株式数を一単元と定めて、一単元に満たない株式については株主の権利を制限することができる制度を「単元株制度」といいます。一株の値段は数万円でも、実際株を所有するためには、100万円以上のお金が必要になってきます。

それでは、資金がなければ有名企業の株をもつことは難しいのでしょうか。これは個人投資家にとっては非常に不利ですよね。そこでまとまった資金を持たない個人投資家に向けて「ミニ株」(ミニ株式投資)や「単元未満株取引」といった少額投資のサービスがあるのです。

通常、株式は大体100株単位で取引するよう定められていますが、ミニ株のサービスを使えば10分の1単位の10株で、単元未満株取引においては1株という単位から取引ができるのです。単元未満株取引についてはいくつかのネット証券会社で独自のサービスを行っているので調べてみるといいでしょう。

ミニ株や単元未満株取引は、個人投資家が株式市場に参入しやすくなるようにと始められたサービスで、市場の活性化の一助になるのではと期待されています。いわば通常単元の株式を分割して所有するイメージのミニ株などのサービスですが、配当金は保有株式数に応じて等しく配当されます。資産を分散して、安定した大企業の株を複数もちたいといった場合や、手始めにリスクの少ない少額投資から始めたいという場合に有効な方法です。通常の単元株では取引できないような有名企業の株式を扱えるのが少額投資のサービスのメリットといえるでしょう。

個人投資家にとって恩恵を感じることができる少額投資のサービスですが、デメリットといえる部分も存在しますのでみていきましょう。デメリットとしてまずあげられるのが、直観的な取引が出来ない点です。少額投資のサービスではその性質上売買のタイミングが翌日に設定されることが多いので、今すぐ売りたいと思っても難しい場合が多いのです。また、配当金は等しく分配されますが、株主優待を受けることができない場合が多いので、その点も購入前に考慮しておく必要があります。

各ネット証券会社では、個人投資家に焦点を合わせたミニ株などの少額投資のサービスを充実させています。少額投資ならではのお得な投資スタイルもあるので、始める際にはメリット、デメリットを見極めてから挑戦してみてください。