証券比較TOP > NISAコラム一覧 > NISAとは

NISAとは

photo

最近ニーサという言葉を耳にしませんか?ニーサは英語の頭文字から来ていて、NISAと書きます。個人投資家向けの税制優遇措置で、上場株式や株式投資信託の配当金や運用益を一定額非課税にする制度です。

日本に住む20歳以上の方が対象で、取引出来るNISA口座は1人1口座です。2014年1月1日から新たに導入された少額投資非課税制度で、当初NISA口座での取引は100万円まで非課税でしたが、2016年から120万円まで引き上げられています。

現在、株等で得た利益は20%強の税金がかかりますが、NISA口座で取引をすると、税金面で大きなメリットが受けらます。知らないと恩恵を受けられないので、投資を始める予定の方や既に始めている方は、早い段階で確認すると良いでしょう。

非課税の期間は最大5年間で、途中売却の場合非課税枠を使ったとみなされ、再利用はできないルールです。さらに、非課税枠を使っての投資総額は合計600万円までで、それ以上の金額は非課税の対象にならないので注意しましょう。

NISAでは、2014~2023年の10年間、毎年120万円を上限(2016年1月現在)に投資を行なうことができ、NISAを通じて保有する株式などの配当・分配金・譲渡益を最長5年間非課税にすることが可能です。また確定申告も不要です。

制度の継続する10年間の中で、毎年120万円ずつ非課税枠の設定が可能であり、最大600万円(120万円×5年)の投資枠から得られた利益に対する税金が非課税になると言うことです。

専門家は非課税枠の賢い使い方として、長期投資向けの株か、投資信託を買う事だとアドバイスしてくれます。購入した株が順調に株価をあげ、5年目に売った後、新たな非課税枠が出来てその枠で買い直せば非課税状態になるためです。NISAを上手く使い、税金負担を減らしましょう。

また、何時でもNISA口座を作ることが出来るので、最初に通常の証券口座を作ることから開始し、NISA口座開設に備えるのが良いでしょう。注意点として、せっかくNISA口座を作っても、株の売買手数料が高い証券会社では、節税効果も半減します。また、証券総合口座を持っていない方や、明らかに高い売買手数料を払っている方は、手数料の安いネット証券の中から選んで口座開設を検討する事も選択肢の1つと言えます。

期間限定ながら、国内株式等商品別で株式売買手数料が永久無料をキャッチフレーズにするネット証券会社もあるので、対面方式の証券会社と比べて、どの部分が自分自身のメリットになるか考え、好ましい方を選んで口座を開設することが望ましいですね。