証券比較TOP > NISAコラム一覧 > ジュニアNISA(ニーサ)とは?

ジュニアNISA(ニーサ)とは?

photo

NISAの制度を詳しく説明できますか?ニュースや雑誌でよく目にしたり、CMで耳にしたりして、単語だけは知ってるけど……という方がほとんどでしょう。制度開始から約2年経ち、2016年4月からはジュニアNISAも運用されるようになりました。適用範囲が増えたことで、あなたも恩恵が受けられるかもしれないこの制度、詳しく知っておけば、お得に資産運用を行うことができるかもしれません。
そこで、新たに始まったジュニアNISAとはどのような制度なのか、ご紹介したいと思います。

ジュニアNISAについてお話しする前に、NISAについて簡単におさらいをします。NISAとは、日本語で言うと「少額投資非課税制度」のことです。その名のとおり、株や投資信託などで得た利益や配当金を毎年120万円まで非課税にできます(2016年1月から)。NISAの制度を受けるためには、NISA口座を開設すること、口座の名義人が日本国内在住の20歳以上であることが条件です。口座をもつには、ネット証券などを通じて、証券口座を開き、別途NISA口座を開設の手続きをする必要があります。

さて、ジュニアNISAの話に戻りましょう。この制度で注目なのは、対象の年齢が広がったことです。NISA口座を開設できるのは20歳以上に限られていましたが、2016年1月からジュニアNISAが新設されたことで、20歳未満にもNISA制度の適用範囲が広がりました。

といっても、未成年者が投資を行うのは難しいので、実際の取引や管理の権限は、親権者等が有することになります。ジュニアNISAの適用は、毎年80万円までの投資金額で、一人一口座までと設定されています。両親と20歳未満の子どもの4人家族と仮定して、それぞれNISA口座を開設したとすると、400万円の投資金額に対して非課税の恩恵を受けることができるということです。実質家庭内での非課税分が、子どもの人数分拡大するということなので、うまく活用するとメリットが大きくなる制度です。非課税期間は、どちらも最長5年間と設定されているので、長期的な投資に対して有効な制度です。

ただし、原則として18歳になるまでお金を取り出すことができません。途中で取り出した場合はジュニアNISA口座が廃止され、原則、過去に非課税の対象とされたものがすべて課税対象となるのでご注意ください。

このことを踏まえて、配当金や、株主優待を目的とした長期的な投資を目指すのにNISA口座の開設をおすすめします。株価の変動がニュースを賑わせ、株式投資も資産運用としてメジャーになってきています。株式市場の活性化を図るために、これからも新たな制度が生まれるかもしれません。しっかりと情報収集して、実りある資産運用を目指しましょう。