証券比較TOP > NISAコラム一覧 > 非課税期間が終わると

非課税期間が終わると

photo

NISAは、非課税となる期間が5年と決められています。毎年120万円までの投資の利益に対して適応される非課税制度ですが、この5年という期間を頭に入れておかないと、思わぬ損をこうむってしまうかもしれませんので注意しましょう。

今回は、この非課税期間が終わってしまった場合についてしっかり見ていきたいと思います。非課税期間の5年が経過すると、保有していた株式などは課税対象になります。そのため、それらの株式を期間内に売却するか、一般の証券口座に移すという対応が必要になります。よいタイミングで売却出来れば最高ですが、日々変動する株式相場でそれを見極めるのは簡単なことではありません。

しかし、一般の証券口座に移した後に株式を売却すると、NISAの時にはかからなかった税金がかかってくるので注意が必要です。たとえば、NISA口座で80万円で買った株が、非課税期間終了時に20万円まで下がったとします。この株を一般の証券口座に移し、ある時点で70万円まで株価が上がったので売却したとします。この売却益に税金(20%)がかかるわけですが、計算すると14万円税金がかかることになります。当初80万円で購入した株が、売却時点で10万円株価が下がっており、さらに14万円の税金がかかるという、悲しい事態が起こる可能性があるのです。NISA口座から一般証券口座に移した時点で、含み益などのそれまでの変動はリセットされるので、ここはしっかりと計算をする必要があります。

またもう一点、非課税期間をさらに5年延長できるという裏技的な方法があります。それが「ロールオーバー」と言われるもので、非課税期間終了後もNISA口座に保有していた資産を置いたままにする方法です。これはNISAで適用される翌年の120万円分の非課税分の枠に資産を移すという考え方です。

たとえば、非課税期間終了時の資産が130万円あった場合、翌年ロールオーバーするとしたら、120万円までは非課税対象ですが、残りの10万円分は売却などする必要があります。ただし、120万円までの枠内であれば、残りの非課税枠の金額を新たに投資することもできます。たとえば、80万円分の資産をロールオーバーしたら、残りの40万円分を新たに投資することができます。

前述のように一般の証券口座に移した場合に損が見込まれる場合などに、有効な手段です。このロールオーバーを利用すれば、最大で10年まで非課税期間を延ばせるので、長期的な運用で利益が出せる確率が高まります。知っておいて損はない方法です。

この非課税期間ですが、現在投資による市場活性化を狙って、5年以上に延長することが検討されています。長期の資産運用をするにあたり、ますますメリットが大きくなるものと思われます。