証券比較TOP > NISAコラム一覧 > 確定申告について

確定申告について

photo

NISAは一定額までの投資金額に対して非課税の恩恵を受けられる制度です。そこで、NISA口座で保有している資産について、確定申告は必要なのかという疑問が出てくると思います。非課税なのだから必要ないのでは?と思って申告しなかったばっかりに……ということにならないよう、この機会にしっかり理解しておきましょう。

個人事業主でもない限り、企業に勤めているとあまり身近でない確定申告ですが、投資を始めるなら知っておかなければならない仕組みです。確定申告とは、その年1年間に得た所得を全て申告し、医療費などの控除をした分に対して、決められた税金を払ったり、還付金を受けるために必要な申告のことをいいます。

会社員など企業に勤めている場合には、年収が2000万円以下であれば、特別の場合を除いて確定申告はしなくてもOKです。しかし、本業の給与以外に、副業などを通して20万円以上の別収入がある場合には、確定申告をする必要があります。

投資をしている場合に知っておく必要があるというのは、株式売買などで得た利益は、この確定申告が必要な所得にあたるからです。例外は、源泉徴収ありの特定口座で取引を行っている場合です。この場合は、利益が発生するごとに、自動で税金を差し引いているので、確定申告をする必要はありません。

それでは、NISA口座の場合はどうかというと、ある場合を除き、基本的には確定申告をする必要はありません。NISA口座内での取引は独立したものとして考えられているので、損失をほかの利益で相殺したり、繰り越したりすることができない代わりに、確定申告をする必要がないのです。煩雑な手続きが必要ないのも、非課税の恩恵を受けられるNISAのメリットのひとつといえますね。

では、NISA口座で確定申告が必要となるのはどういうケースがあてはまるのでしょうか。それは、ネット証券会社などを通じて株取引をして、配当金を受け取った場合です。この際、株式数比例配分方式を選択していれば、配当金はNISA口座に振り込まれるので、非課税として扱われますが、配当金を郵便局などのほかの方式で受け取る場合には、その分は非課税から外れるため、課税対象になるのです。これは確定申告が必要な所得にあたるので、会社員の場合、給与外所得が20万以上になりそうだという際には注意が必要です。

一見するとややこしそうなNISAですが、いったん仕組みが分かれば難しいことはありません。証券会社や銀行などの各金融機関のホームページなどでもNISAの上手な使い方を紹介しているので、参考にしてみるのも戦略のひとつだと考えられます。