証券比較TOP > 債券コラム一覧 > 債券とは

債券とは

photo

事業を行う際には資金調達が必要ですが、社会的に信用のあるところが、資金を募る場合に発行する証を有価証券と言います。この有価証券を発行するところ(発行母体)には国や政府の関係する機関、地方公共体、特殊金融機関と民間企業があります。この有価証券を正確に言うと、金銭消費貸借契約類似の法律関係に基づく金銭債権の内容を、券面上に書いて発行する証のことです。集金目的で社会的に信用がある所が出す借用証書の1つと考えて差し支えありません。

発行母体別に債券は国債、特別債、地方債、金融債、社債という名前で販売されます。発行母体で分ける以外に債券の形態で分ける事もあり、この場合、利子債、割引債、転換社債、ワラント債、他社転換社債、仕組債、コンソル債、インフレ連動債およびスクースという名前で販売されます。ワラント債は別名、新株予約権利社債とも言います。スクークは「イスラム債券」のことです。他に、償還の優先順位や償還期間、償還条件、担保、通貨によっても分類されます。

償還というのは、出資金が返済される事を言います。資金調達の為に発行する所は株式と目的は同じですが、前以て利息や満期日が決まっていて発行されるのが債券です。満期日に額面の金額が返金される約束なので、安全性が高い金融商品と言われます。この安全性こそが債券投資の最大のメリットで、特に国債はその国の政府が財政破綻しない限り元本と利息が保証されます。実際には、債券も市場で取引される商品なのでその価格は変動するものの、株式の様な暴落はありません。

債券の売買取引は証券取引所で行う取引所取引と、取引所を通さないで証券会社と投資家で取引する店頭取引の2種類があります。個人投資家は街中の対面証券会社やネット証券会社で口座を開設し、証券購入代金を払い込み、預り証を受け取って手続き完了となります。購入後の債券は金融機関に預ける事が一般的です。

個人向け国債ならば額面1万円単位で、その他の国債も5万円単位で投資出来るので、数十万円単位の資金が必要な株式投資よりも少ない額で始める事が出来ます。国債の金利は、同じ運用期間の定期預金に比べ高めに設定されています。これらが利点で、欠点に挙げられるのは金利が低いことです。国債の金利である利回りは円通貨の金利と連動するので、現時点でとても低く超低金利の時代と言われています。覚えておくことは債券価格と金利の関係です。発行された債券は市場で取引される商品なので、債権の価格と市場金利の間には負の相関がある事です。債券は、有価証券なので第三者への譲渡も出来ますし、償還期限前に現金化する事も出来ます。一般に償還期間の長い債券が高利率ですが、長短金利逆転の場合もあるので、注意が必要です。

既にお話した分類別債券を組み合わせた商品が多く出回っており、国債以外は相対取引で取引されます。これら債券は証券会社、ネット証券会社を通し購入できます。債券投資のメリットとして挙げられるのは収益性、安全性、流動性の3点です。