証券比較TOP > 株式投資コラム一覧 > 株式投資とは

株式投資とは

photo

会社を設立する時や、さらに会社を大きくし、新たなサービスを始めたいと思った時には、ある程度のまとまった金額の資金が必要となります。しかし、社長となる人がたった1人で、手元にある資金だけで行う事はとても困難と言えるでしょう。多額の資産を抱えている方なら問題ない場合もあると思いますが、大抵は資金の調達が必要なのではないでしょうか。そこで資金を調達する為に株式を発行し、投資家に買い取ってもらう事で、多額の資金調達が可能になります。そして、その資金を元手に会社の設立や事業の拡大をする事が出来るのです。今では名の通った有名な大企業でも、最初は資金集めの為に、投資家に事業の説明を行い、将来的に有益となる事を納得させ、投資してもらい、大きくなっていったのです。

株式を買い取ってくれた投資家は株主となります。投資した会社の利益が上がれば上がるほど、その株の価値も上がっていきます。そこで、もとの株を売却するとその差額分、つまりは買い取った金額以上の利益を手にする事ができるのです。この考え方が株式投資の基本的な流れになります。

その会社の将来の業績を見越して、株価が上がりそうかどうかを予想して購入し、実際に株価が上がればそれを売却し、利益を得ていく。これが株式投資の面白みとも言えるのではないでしょうか。

そして、もう1つ株式投資によって得られる利益があります。それは配当金というものです。配当金は、会社側が自社の株式を購入して株主になっていただいた方に対する感謝の気持ちのようなもので、利益の一部を配当金として還元するのです。

ただし、一般的には1株に付きいくらかを配当する形が多いようなので、会社によっては配当金が出ない会社もあるようです。しかし配当金がなくても、株主優待と言った様々な特典(その会社に関連する施設の利用や飲食等に利用できる金権など)もあるようです。こうして株価の上がった株式を売却したり、配当金や優待を受け取ったりして、利益を得ていく事が株式投資となるのです。

ただし、株式投資は利益ばかり得られるという事ではありません。業績を期待していた会社でも、中には逆に経営が悪化してしまい、倒産してしまうなどと言った最悪のケースも考えられます。その場合はせっかく購入した株式も、価値が0円となってしまうのです。それは紙くず同然と言ってもおかしくありません。そういった大きな損失も考えられるので、株式投資を始める際は十分な知識と情報を得てから始める事が大切だと言えます。