証券比較TOP > 株式投資コラム一覧 > 現物株式とは

現物株式とは

photo

現物株式とは、取引所での売買取引の一種で、取引時に実在する商品を現物といい、実物取引とも言われます。現物株とは、株式を直接投資することで、現物の株式や購入資金がなければ、売買することはできません。一般的に言われている株の売買とはこの現物取引の事を言います。証券会社と投資家との間で、決済日に現物株と現金の受渡しをする方法です。

詳しく分けると、現物取引の受渡し方法には、即時渡し、直渡し、近日渡しの3つの方法があります。即時渡しは、売買契約時に商品をすぐに受渡します。ほとんどはこの方法が使われます。直渡しは、売買契約後、3日までに受渡しするもので、さらに日時を必要とするものを近日渡しと言います。卸売業者や運送関係など、日時が必要になる会社は後者になります。信用取引と違い、実際の株式を自分の資金で買い、受渡期日に必ず売買物件と代金との受渡をしなければないものなのです。株式市場では、現物取引の他に信用取引があり、信用取引では株を買っても自分の名義にはなりません。二つの違いは、実際自分のものになるかどうかという事です。信用取引でも利益は得られますが、株が自分の名義になれば配当や株主優待を受け取れるのは現物取引のみです。また、信用取引のように金利や貸株料を取られず、買う時の手数料のみでいつまでも保有できます。ただ、その手数料が高いのが難点です。現物取引は自己資金のみなので、デイトレードのような短期売買をしないならば、信用取引よりも現物取引の方が安心です。

最近は、ほとんどの方がネット証券を利用しています。取引資金を予め入金し、株式を購入することができる仕組みですが、会社によっては資金がなくても取引後に入金するサービスも行なっています。自動引落サービスなどを行う会社では振り込む手間が省け、また手数料なしで利用できるので、会社によるそれぞれのサービスを事前によく調べる事が大切です。

信用取引と比べて大きな違いは、なんと言ってもやはりコスト面です。もちろん現物取引でも委託手数料と消費税はかかります。しかし信用取引では金利や貸株料、その他経費がかかります。信用で買う場合、借金をするわけなので、当然これに対する金利がかかってきます。さらに信用で売る場合も、売却する株式を借りるにあたり貸料がかかります。また、証券金融会社において株不足が起きた場合、信用売りで株を保有している間に逆日歩(品貸料)がかかり、その場合も取引前にはいくらかかるのか金額が分かりません。一般的な信用取引の仕組みを利用した無期限信用取引や一日信用取引をお勧めします。