証券比較TOP > 株式投資コラム一覧 > 信用取引とは

信用取引とは

photo

信用取引とは、一定の現金や株式を証券会社に預ける(委託保証金)ことにより、その担保で信用を得て、お金を借りて行うことができる株式投資のことです。もちろん借りたお金を返済しなくてはなりませんが、返済方法はいくつかあります。

例えば、株の売買です。買った株価が上昇していれば利益が出るので、その株を売って出た差額だけを決済します。もしくは売った株をまた買い戻してその差額を決済します。その場合、株価が下落していれば利益がでます。あるいは、現引きと言われる方法もあります。現引きとは、信用で売った株と同じものを渡すことで売り建て代金を受け取ることができます。ただし、投資家が証券会社にお金や株式を借りるという取引なので、金利が掛かかることを忘れてはいけません。また、信用取引の中にも制度信用取引と一般信用取引という、二つの種類があります。制度信用取引は証券取引所の規則に沿って行われ、 最長6か月の決済期限があります。一方、一般信用取引は投資家と証券会社の合意の上で行われるため、決済は無期限となります。ではこれらの取引でどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

まずメリットからですが、自己資本と比べておよそ3.3倍の取引ができます。また、信用取引では空売りが可能なので、相場の下落局面でも利益をあげることができます。さらに信用取引は1日に何度も売買することができます。

次にデメリットを説明すると、自分の所持していないお金や株式を証券会社から借りていることになるので、金利が掛かる点です。手数料において現物取引と比べると、証券会社全般的に信用取引の手数料の方が安いですが、期限に関して比べてみると現物取引の方が良いです。しかし、例えばデイトレードのような短期売買であれば、現物取引よりも手数料が安いため、信用取引がおすすめです。その際、なるべく金利が安めな信用取引が良いでしょう。ただし、保有日数が3日を超える場合は、現物取引の方が良いでしょう。信用取引にも現物取引にもそれぞれメリット・デメリットがあるので、その時々上手く使い分けることをおすすめします。

信用取引は、通常の株式取引と違い、資金が少なくてもお金の動きが大きいので、後に株価が上がりそうな場合には買いから入り、株価が下がりそうな予測で売りから入り、上手い操作で利益を上げることができます。このような手法があることで市場の取引が動いているのです。