証券比較TOP > 株式投資コラム一覧 > IPOとは

IPOとは

photo

株式投資関連のニュースで、「Initial Public Offering」を略したIPOという言葉をよく耳にすると思います。企業が市場から資金調達を行うために、株式を広く一般的に公開します。その際に株式を新しく発行して株主を募集します。この募集に応募する投資法です。

IPO株は上場前に公募価格が設定され、株式市場における新規上場銘柄の初値は高い値段がつくため個人投資家から人気があります。IPOの公募価格は安めに設定されていることが多く、また事前に株を安く手に入れられる事から、リスクが低く、利益も大きく出せる可能性があります。ですから、たいていのIPO銘柄は確実性の高い投資法とされています。上場初日の初値は公募価格よりも上がる可能性が高いので、IPO株で安易に利益を得ることもでき、購入手数料も発生しないのでその分お得です。

ただ、新規の銘柄は数に限りがあるため、購入を希望すれば事前に全ての人が購入できるわけではないので、その場合は抽選となります。人気の銘柄はそれだけ当選する可能性は低いです。企業の株が上場すると一般投資家も購入可能になり、人気銘柄は数十倍まで上がる事もあります。逆に人気がない銘柄は、買いが集まらないため初値が下回る場合があり、損をする場合もあります。上場した銘柄でも株価が激しく変わるので、長く持つとリスクが高くなります。IPO銘柄を公募で得た場合は、初値で売却する方が良いでしょう。また、応募中は当選した時の買い付け資金が拘束されることも忘れてはいけません。

まれに公募価格よりも初値が低いこともありますが、リスクを避けるためには、あらかじめ初値が公募価格を割りそうな企業を分析しておくことが大事です。もしも公募価格より下回る状態で進めると抽選の対象外になってしまうからです。公募価格の決定後に抽選が行われ、当選すれば購入する権利を獲得できます。放置した場合は自動的に辞退とされてしまうため、必ず当選した場合は購入の手続きを忘れずにしてください。

証券会社の中にはIPO株を取り扱っていない会社もあるので、口座を開設する前に確認しましょう。さらには、証券会社によりIPO株の当選確率や割り当てられる数が異なる場合があります。IPO株として上場しようとしている会社に代わり、証券会社が上場に関わるメイン業務を行います。そういった証券会社は主幹事と呼ばれ、主幹事を多く行う証券会社は株を多く割り当てられるため、その分当選確率が上がってきます。IPO株は非常に人気なので、少しでも当選確率を上げるために主幹事を多く行う証券会社の口座を開設する事が狙い目です。IPO株投資法で利益を得るためには、公募価格に対して初値が高くなりそうな人気の銘柄を分析することが1番重要です。