証券比較TOP > 株式投資コラム一覧 > 貸株サービスとは

貸株サービスとは

photo

株式投資をすることで、受け取ることができる利益には、株式売却益というキャピタルゲインおよび、インカムゲインである配当金(相当額)・株主優待のほか貸株サービスというものがあります。貸株サービスとは、保有している株式をサービスに対応している証券会社に貸し出しすることで貸し出した株式に応じた金利(貸株料)を受け取ることができるサービスです。

貸株サービスを利用するべき株式にはどのようなものがあるでしょうか。まずは売り時を逃してしまった株式です。高値で売ろうとして時期を逃してしまった株式は、またいつ値上がりするかわかりません。値上がりをまって保有し続けるだけなら少しでも利益がだせる貴重なチャンスを活用しましょう。

二つめは、塩漬け株です。塩漬け株とは、買値より高くなるだろうと予想して買った株式の価値が、どんどん下落していってしまい含み損が大きくなりすぎて、いざ売ろうとしても売れずに長期間保有し続ける株式のことです。

これら二つの株式は、是非貸株サービスを利用してみましょう。貸株サービスは、銘柄によっては銀行に預金するよりも金利が高いのです。普通預金はいわずもがな、定期預金よりも金利が高いのです。貸株の金利は通常0.1%から1.0%までですが、中には1.0%以上のボーナス銘柄から10~20%もの超ボーナス銘柄など高金利を受け取れる銘柄もあります。

このようなことから、ただ銀行に預金するよりもはるかにお得になる可能性があります。では、貸株サービスはどのように利用するのでしょうか。まずは証券口座を開設します。そして貸株サービスの申し込みをするだけです。

ただし、申し込みの際注意して欲しい点が二点あります。ひとつめは、すべての株式が対象というわけではないということです。二つめは、貸株サービスを利用すると、株主優待の権利を失う可能性があるということです。権利確定日になると株主優待権利は失効してしまいます。

しかし最近では、対応している証券会社のすべてが優待権利自動取得サービスを行っているため、この便利なシステムを利用すれば株主優待を逃すことはないでしょう。今では、ネット上ですべての株式のやりとりが行えるようになっています。専用口座を作ったり、ネット証券で株式を買ったり、もちろん、貸株サービスも利用することができます。

貸株サービスは長い間眠っている株式を再利用しいつでも売却できるので、保有している株式を最大限運用できるいいサービスだといえるでしょう。