証券比較TOP > ワラントコラム一覧 > ワラントとは

ワラントとは

photo

ワラントとは、新株予約権を意味する用語で、発行会社の株式を買い付ける権利の付いた社債をワラント債と呼びます。通常の社債とセットでその会社の株式を一定の価格で購入できる権利が付随する債券のことを指します。ワラント(権利)を実行することを「行使する」、実行しないことを「放棄する」と言います。

以前は新株引受権付社債、又はワラント債と呼ばれていたものが、新株予約権制度創設を目的とした2002年4月1日の改正商法の施行で、それまでの転換社債とワラント債は、同じ新株予約権付社債に属するが債券の内容が異なるものである、と定義されるようになりました。両者を区別するとき、旧転換社債は、転換社債型新株予約権付社債、旧ワラント債は、(狭義の)新株予約権付社債と呼ぶことになりました。

2種類のワラント債を比べると、後者は前者に比べハイリスク、ハイリターンです。理由としては、他の社債は発行母体(会社)が破綻しない限り元本を取り戻せるのに比べ、後者の新株予約権付社債では、その一部が株式を買い取る権利、即ちそれはオプション料なので権利行使価格より株価が下がってしまったという理由で、権利の行使を行わない場合にその分が損失となるからです。また、前者の転換社債型新株予約権付社債は、社債と引き換えに株券を手に入れる事が出来、後者、(狭義の)新株予約権付社債は、代金引換でないと株式を入手する事が出来ないため、前者に比べ、より多くの資金が必要となり、これがリスクの一因であるとされます。逆に言えば、権利行使価格より株価が大幅に上昇し、付与率も高く多くの資金が手元にあれば、転換社債型新株予約権付社債に比べて大きなリターンをもたらすとも言えます。

要約すると、転換社債は、債券投資している金額を株式に転換でき、ワラント債は、株式を一定価格で買える権利が付いている債券で購入金額は別途用立てる必要がある、と言う事になります。

ハイリスク・ハイリターンの商品、ワラント債を取引する場合には、株式市場の動向や金利の動向、それに発行している企業の信用度合いを十分注意することが必要です。ワラント債を含め、金利が高めで個人投資家から人気の高い債券を独占的に取り扱っている街中の証券会社や、オンラインで商いするネット証券から購入する事が出来ます。

近年、ネット証券会社の中には総合口座開設数が300万を超す所もあり、証券会社選びの選択肢が増えました。